まだラインマーカー使ってるの?ふせんを使うことのメリット

学生の頃、勉強するときにどのようなアイテムを使っていましたか?

ラインマーカーを使っていた人が多いのではないでしょうか。

かく言う私も例にもれず、ラインマーカーを使って、赤い下敷きでキーワードを隠して暗記していました!

でもこの方法が使えたのは、高校生まで。
大学生になると、丸暗記ではテストは乗り越えられませんでした。

なぜなら、大学では受験勉強のように丸暗記ではなく、説明しなければならない問題が多かったからです。

だから、教科書にラインマーカーを引いたところで、全部需要なので笑、全部真っ赤っかになる教科書になってしまう。

後で見返して何が大事なのか?というのがわかりませんでした。

社会に出て仕事をすると、丸暗記はますます太刀打ちできません。

重要なことが多すぎて、膨大な量に!

頭がパンクで、もともと暗記が苦手な私は、もう学生時代の勉強方法を手放すことに。

ノートをとることも手放し、必要なことだけをメモるために、ふせんをつかっていました。

すると、意外にふせんの方が記憶に残ることが体感してきました。

ふせんに書くことについて何がいいかというと、

手を動かすから体感で覚えれる

自分の字だから、印象に残りやすい

自分の言葉でまとめれるから、覚えやすい

ふせんの色が目立つ

が挙げれます。

なんとなくいいなぁと思っていたところ、ふせんが脳に脳にいいという記事を見つけましたので、シェアします。

今、ふせんが注目されているようで、ポストイットという商品で有名な3M社も特別サイトを作っていました。

会議の時に役立つミーティングソリューション

 

 
 
{1FC0EEFF-4BB5-49BD-AA23-14610DFC92DB}
自分では思いもつかないアイデアがたくさんあるので、参考になりますね。

こんなみんなに注目されているならば、携帯でも使えるアプリも自分でリリースして見たいなぁ!なんてアイデアも出て来ました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です