ふせんワークで彼をゲットした道のり⑨ 〜いよいよ理想の彼とデートをする〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大好評!実話に基づいた

ふせんとヨガで彼をゲットした道のりシリーズをお送りしています。

第9話 いよいよ理想の彼とデートをする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まさかの展開で、ふせんで挙げた理想的な彼に出会った私!

 

「この彼、ほんとうにいいかも!」と直感で思いました。

 

でも、楽しい時間も終わりはあります。

 

もう帰る時間。

もっとふせんの彼といたいけど、時間です。

 

そしたら、彼から明日会わない?と聞かれました。

 

即答で、はい!もちろんですと言いたかったわたしの回答。

 

「今予定がわからないから、

家に帰ったらまた連絡します。」

 

 

一見ひどいようなのですが、

この温冷効果は、

コミュニケーションにおいて大切なんです。

 

 

オンとオフ。

 

強弱。

 

要はメリハリをつけるんです。

 

 

例えば、この場合、

結構二人の中で盛り上がってピークになりつつあります。

 

だから、そのまま進めばいいのですが、

一旦加速を止めることで、気持ちの空間が生まれます。

 

ぽっかりと。

 

ポジティブな印象で終わっているから、

ぽっかりとした空間には

ポジティブなイメージが、ぐんぐん入っていきます。

 

相手にも、わたしにも

このイメージを膨らませる時間が大切なんです。

 

帰り際に、彼は

「心配だから、家に着いたら連絡してね」

と言ってくれました。

 

この一言が、女性の扱いが上手だな、と思う反面、

優しい男性で、理想の男性のタイプのリストに合ってる〜

と改めて思ったのです。

 

家に帰って、自分の予定を見ると

明日は友人との約束が入っている。

 

明後日は予定なし。

 

明後日がダメだったら、

1週間くらい予定が詰まっていました。

 

だから、正直に、連絡しました。

 

「今日はいっしょに過ごせて、とっても楽しかったです。

 

明日は予定があって都合が合わないので、

明後日はどうですか?

 

そのあとは、

1週間出張で会えなさそうです・・・・

 

また明日、

何時に待ち合わせできそうか連絡しますね!」

 

とメッセージを送って寝ました。

 

これって、相手のこと気遣っているようで、

自分が主導権握っているのわかりますか?

 

だって、まだ相手の予定がわからないのに、

もう明後日は自分の中でデートする予定で、

次は何時に待ち合わせするのかという話になっています。

縁がなかったらそれまで。

編に強気の私がいました。

 

そして、翌日の夕方頃に、

「明日20:00に丸の内でどうですか?

私は、もう少し早く行けると思うので、

19:00頃に行っていますから、

着いたら連絡くださいね」

 

というメッセージをドキドキしながら送ったのを覚えています。

 

 

 

すると、

 

「明日大丈夫です!

また楽しくお話しできるのを

楽しみにしています。」

 

という返信がきました。

 

多分、お仕事忙しいと思うのですが、

調整してくれたと思います。

 

何よりも優先順位を考えて、

とっさの判断をしてくれたジローちゃん(仮名)、

私の理想の男性のタイプのリスト

ひとつにある「決断が早い」が

クリアーされていました。

 

 

 

そして、当日。

 

ジローちゃんから会う直前に連絡が来ました。

 

 

 

「なんとか仕事早く終われそう!19:30に行くね。」

 

私は内心ガッツポーズ!

 

会うまでのメッセージのやり取り中も、理想のタイプを確認している作業中なのです。

 

いつも、何の目的でこのメッセージを送るのか、慎重にメッセージを送っていました。

 

そして、待ち合わせ時間に。

ジローちゃん(仮名)はオンタイムに来てくれました。

 

「いつもだったら、遅刻しがちなんだけど、

今日は絶対遅刻できないと思って急いで来たよ!」

 

このいちいちの一言。

これも、見事にリストに入っていたんですね。

 

そして、二人でお食事に行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お食事中も、私は私の自分のリストに添って、

色々質問したり、行動したり、します。

 

驚くことに、

ジローちゃんは、当時の私のリストに

本当に当てはまっていました。

 

そして、二人は何度もデートをしていくのです。

 

仮説から、検証。

 

検証から、行動。

 

リストに合わないところもあるし、

合うところもある。

 

リストがあったからこそ、

ぼやけたものはなく、

不安なところは確認して

どんどんクリアーにしていきました。

 

だからこそ、自分の理想のタイプは

早めのうちから挙げていた方がよいよ!と思います。

 

自分の行動の目的や意味をよく考えるからです。

 

今、デートしている相手は、あなたにとって満たされていますか?

 

ちなみに、私は理想のタイプは定期的に

見直してメンテナンスをしています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です