ポジティブもネガティブもあっていいのでは?

 

私の実家は関西なのですが、先日関西へ帰る機会がありました!

 

年末年始でもないし、お盆でもないし、

普段会っていない人に会いたいなぁ

と思い、大学の時にお世話になった先生に

この機会に久しぶりに会おうと思いました。

 

連絡しようと過去のメールを検索。

 

先生とはいつも手紙のやり取りなんです。

イマドキ良くないです??

 

実家に住んでいる頃は、

毎年新年会に呼ばれるほど

娘のように可愛がられていました。

(この頃より図々しかったようです)

 

 

先生はアカデミックな御家柄で、ゲストもすごい人たちばかり。

 

あの頃はすごい経験したなー

なんてメールを検索してたら、

衝撃。

 

昔先生とやりとりしていたメールの中にある
あるメッセージを読んで思わず凍りました!

 

 

数年前のやりとりで、先生からこんな心配をされていました。

 

「手が震える、簡単な計算が出来ないなど、
不安定な状態が続き」、

しかも 発疹などの体調不調に陥っている様子に、
可哀想な気持ちで一杯です。

 

おおおおおおおおおおお

 

過去にそんな状態になっていたことに
わたし自身がすっかり忘れていたーーーー( ;∀;)

そうなんです、私学生の頃
真面目すぎて自分を追い詰めていたんです。

 

体は嘘つかない。

 

自分が自分に嘘つくと、こういうことになる。

 

親の期待に応えないとダメだ!

いい学校に行って、大企業に就職しないと
私ってダメ人間なんだ!

手に職がないと生きている価値がないんだ!

と若いながらも思い詰めていました。

 

そんなことを経験して今に至ります。

 

 

ほんと、人って本能で這い上がるようにできてるから、
うまく行くしかないんですよ。

このメールをもらったのは、約10年ほど前です。

体重もガクーンと落ち、
パンツもブカブカ、
デコルテもやせ細って、
見た目からして

ああ、この人なんかつまずいているなぁという

感じだったはずです。

 

私はこの時の経験があるから、

 

自分に合わないことはしたくないし、
合わない人と一緒に時間を過ごしたくない。

 

でも、そんな考え方をするとすごく攻撃的です。

 

だったら、こんな風に言い換えてみる。

 

私は自分が好きなことをやりたいし、
自分が好きな人と一緒に時間を過ごしたい。

 

言い方ひとつ、見方ひとつで自分の人生が変わります。

どうせ生きるなら、
みんなを味方にして生きたい。

応援される人生を謳歌したい。

そう思えてくると、
自然とポジティブな面が際立ってきます。

ネガティブな経験があったからこそ、
ポジティブさがより際立ちます!

 

はは、
簡単な計算は今もできないケド( ;∀;)

 

 

 

image

image

 

コメントを残す