「こいつ、ないわ」ボックスと、「次の食事会」ボックス

あなたの恋愛でつまずいているところはどこですか?

 

出会いですか?

出会ってからですか?

デートしてからですか?

付き合ってからですか?

 

 

自分がどこでつまずいているか知っていないと、

どんな恋愛必勝テクニックを使っていても意味がありません。

 

私は婚活をしている時、友人からの誘いは断らずに
とにかくいろいろと行きました!

月にお給料の半分くらい使った時期も、

実はあります!

 

でも、彼ができなかった!

そして、自信を喪失していった・・・・

 

なぜだかわかりますか?

 

私は昔から小生意気なところがありました。

20代のころは男性を立てることを知らず、

むしろ男性とは戦ってお仕事をしていたので

プライベートでもその癖が抜けなかった。

 

一度のお食事会で時間が経つにつれ、

こいつ、ないわ・・・・(もう一生会わなくてもいいかもという意味)

と思われていたのです。

 

男性はフォルダ分けボックスのようなものを

女性に対しても持っていて、

「こいつ、ないわ」ボックスと、

「次の食事会」ボックスがあります。

 

男性は女性より許容範囲が広いので、
男性の「こいつ、ないわ」を挽回するのは難しいです!

(よっぽどのことがない限り、

ほとんどの場合が「次の食事会」ボックスへ行きます。)

 

いつも友人のお誘いは同世代でした。

20代と言えば、社会人なりたてで、
みんな慣れない社会人ライフで右往左往しているころ。

がんばって出した自分の功績を、お食事会の場でお披露目した瞬間、
見知らぬ女に(わたしのこと)、被さってこられると・・・

恋愛対象にはなりませんよね笑

 

男性ならば、ここで

すご~~~い

と言われたい!

 

でもわたしは、

すご~~~い

とは言っていなかったんですね!

 

 

知らぬ間に、男性の「こいつ、ないわ」ボックスに振り分けれ、

いい人がいない!

自信がなくなる!

もう無駄なお誘いには乗りたくない!となるのです。

 

私も例のごとく、頭をごっつんこして、気づきました。

 

すご~~~い

のもつ言葉のパワーはすごいです!

 

20代で気づけた私はラッキーでした。

これができてからのわたしは快進撃でした。

「次の食事会」ボックスはほぼ100%!

 

なんだ、こんな簡単なことなのか、と当時は思ったけれども、
気づかないうちは、気づかないんです!

 

詳しくは彼ゲット塾で!

 

◆関連記事

ふせんで彼氏をゲットした道のり

理想の彼100リストを準備するメリット

婚活を始めるときに行う最初のステップ

美をゲットするにはアクションの速さがキー!

知らない間にモテちゃう素敵な言葉

気になる彼を魅了する笑顔の作り方

​美女オーラの人は、〇〇もキレイ!​

呼ぶ女 呼ばれる女 呼ばれない女

 

受付中!

 

29歳からの彼ゲット塾

 

 

月2回のメール配信!↓

 

 

3日間メール講座配信!↓

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です