やる気がない時でも、自分の気分を上げる方法

じめじめした天気。

朝起きたときに体がだるい。

なんだがやる気が起きない。

体調不良かもしれない。

正直言うとこんな日は何もやらずに、家にいたい。

外に出かける気にもなりません。

こんな気持ちになったことは、一度や二度はあるのではないでしょうか?

でも、そうは言っても、予定があると外に出かけなければなりませんよね。

そんな日に私の経験で取り組んでいることをご紹介します。

 

coffee-cup-bed-bedroom

 

体調が悪い時に、自分の気分を上げる方法

 

 

熱いシャワーを浴びる

朝起きて一番に体温を上げると代謝が良くなります。

寝不足だと血行も悪くなり、ますます気分が上がりません。

そんな時は、熱いシャワーを少し浴びて全身の血流を良くします。

また、寝ているときは、汗をたくさんかいているので、体を清潔に保つ効果もあります。

リラックスモードの副交感神経から、しゃっきりモードの交感神経に自律神経をスイッチする効果もあります。

シャワーは湯船につかるよりも少し高め。

41~42度ほどで十分です。

個人差はありますので、ご自身の心地よい温度を見つけてみてください。

湯船につかるとのぼせやすいので、朝の入浴は控えることをお勧めします。

water-shower-bathroom-theme-water-78931

 

 

 

 

白湯を飲む

ヨガのアーユルヴェーダにも通じますが、白湯を飲むことで、消化機能がアップします。

また整腸作用があるので、デトックス効果があります。

朝の時間帯は、体質的にもデトックス効果がありますので、白湯を飲むことで効果がますますアップします。

寝ている間に体にたまった老廃物を朝に排出して、体をすっきりさせちゃいましょう。

 

coffee-cup-bed-bedroom

アップテンポの曲をかけて身支度

ドーパミンが分泌され交感神経が優位に立ちます。

また、心拍、呼吸、動作が一体になり、体を効率的にリズミカルに動かせるようになります。

同じフレーズが出てきたり、テンポが同じ曲が良いそうです。

自分が好きな曲なら、モチベーションも上がりますよね!

私は、朝はユーチューブで検索するか、ラジオのアプリでアップテンポな曲を聴きながら朝の支度をするのが習慣化しています。

 

mobile-phone-iphone-music-38295

 

おしゃれなワンピースを着る

これは、視覚に大きく影響を与えます。

すると、交感神経が優位に働きます。

好きな音楽を聴くのと同じで、自分のモチベーションが上がります。

また、おしゃれなワンピースを着たからには、外に出かけない理由なんてないですからね!

 

pexels-photo-206395

 

 

 

 

 

歩きながら唱える

これはおまじないのようなものなのですが、なんだかやる気が起きない日ってネガティブにあれこれ考えてしまいます。

だからこそ、あえて考えていることを口にする。

どうせ口にするなら、自分が気分の上がる言葉を言っちゃいます。

 

私ってイケてる!

私っていつも素敵な笑顔!

階段を一段上がるたびにきれいになる!

振り返られるくらいとびっきり輝いている!

など。

大きな声では言えませんが、ちょっと口にしてみる。

すると、素敵な言葉を自分に言うものだから、堂々としてきます。

堂々とせざるを得なくなってきます。

すると、姿勢も変わるし、歩調も変わるし、動作も変わってきます。

pexels-photo

 

 

 

午前中、このようなやり方で乗り切れば、午後は自動エスカレーター。

午前中のポジティブな空気が午後にも流れ、いい感じで一日が循環してきます。

 

 

▲目次にもどる

コメントを残す