どんな彼が私と合いますか?と考えるポイント

3カ月彼ゲットするには
スポンサーリンク

友だち追加

「どんな彼が私と合いますか?」

 

彼ゲット塾では、受講している方よりいろんな質問を頂きます。

「どんな彼が私と合いますか?」

この質問が一番多いです。

スポンサーリンク

恋愛迷子はいませんか?

彼氏が欲しい人は、もちろんたくさんの出会いの場に行って、たくさんの人と出会います。

でもたくさん会いすぎて、どの人が私と合うかわからなくなる、恋愛迷子になるのは当然です。

そんな時は、理想の彼氏リストを作るのは必須です。

自分の指標失くしては、迷子になるのも当然。

彼リストを100個も挙げるのはなぜ?!

 

 

彼がほしい気持ちが本当なら、どんどん行動に移しちゃいましょう!

毎日同じことをしていては、人生変わりませんが、毎日違うことをすれば人生変わるのです!

リストを用意したらまずすることはスケジュール管理!

 

私が彼氏をゲットするまで一番最初に開いたのは、スケジュール帳です!

 

当時、忙しかった私。

独自の計算で、一か月に何人と出会わないといけないのかを出しました。

たくさんの人と出会いすぎて、どの人もいいようで、どの人もいまいちかもしれない。

果たして自分にどんな人があっているんだろう。

それに結婚まで考えると、どうしても慎重になる。

そう思うと、やっぱり行動に移せないな。

こんな風にして、考えるだけ考えて行動しないのが一番もったいないです。

 

行動!行動!行動!

 

とりあえず、勇気出して、全員とデートしてみて!

 

相手のことがわからないから、行動に移せないのはもったいないです。

 

今わかる範囲で、ここ一か月であった人を、書き出してみてください!

 

ふせんに書くと後で並べ替えができるので便利です。

 

挙げれば挙げてみるほど、傾向分析になります。

 

ないと思っているのは、見えていないだけ!見ようとしていないだけ。

 

減点法で人を判断するのは今日でサヨナラ!

それでは、出会った人の顔を見て、どれだけ印象の残った、10段階で点数をつけてみましょう。

その後は、並べ替えをしてみましょう。

 

へっ?!印象?!なんて思われる方も多いかも。

深い話をしていたら印象に残るし、それなりの人だったら

点数にもならないかもね!

並べ替えできました?

出会った人に偏りはあった?それともばらばらだった?

 

偏りがあった人は、同じようなタイプの人とばかり出会い、同じ会話を繰り広げている確率が高いです。

 

そりゃー!どんぐりの背比べのようなもので甲乙つけがたいですね。

そんな時は、男性の内面じゃなくて、年収や職業や身長など、条件的に人を見ていませんか?

まずするべきこと。

全然出会っていないタイプの人と出会うようにしてみてください。

 

同じような人とばかりあっていると、人生変わりません。

また同じような人とばかりしか会えないのは、自分の許容範囲の狭さ。

 

わからない人は、いったんお友達に彼について見てもらうとよいですよ。

自分の思い込みってあるんです。

 

この人って、合わなかったー!つまらない!と思うのはモテない女性が考えること。

 

モテる女性は、

何がどうなったら、私自身ハッピーになれたのかな?と次を考ます。

 

自分がハッピーでいれる男性と一緒にいたほうが、断然幸せです。

 

みんな選ぶ権利はあります。

 

誰を選ぶかは自分です。

 

 

我慢もしなくてもいい。

無理しなくてもいい。

 

自分がハッピーで入れるか!

自分らしく入れるかが大切ですよ。

 

結局は行動量

 

行動は、結果が伴います。

自分に会うタイプがわからないのは、場数が少ないからです。

 

どんどん行動して、いろんな人に会いに行きましょう。

減点法をやめて、相手のいいところを見つけるようにしていこう。

 

いい年齢なのに、場数が少なすぎると感じている人は、落ち込む必要なし!

 

落ち込んでいる時間があったら、どんどん場数を増やしていこう。

だれも、経験人数なんて、気にしていません。

男性が気にするのは、デート相手には気づかいや優しさなど女性らしさがあるかどうか。

 

相手を待つよりも、自分から行ったほうが早いですよー

 

 

コメント