恋愛“ムード”をつくるシャンプーの方法

髪に見た目年齢が大きく影響しているのをご存知ですか?

髪のツヤでモテ度は変わってきます。
なぜなら、顔と同じくらい、髪の面積って大きいので、第一印象が決まります。

わたしって、あまりくよくよ後悔するような性格ではないですが、人生で後悔していることがあります。

それは、もうだいぶ前になりますが、新卒での就職活動の時。

髪がショートでした。
髪を切らずに、もっと髪が印象に残るゴージャス感を演出ようにしておけばよかったと後悔しています。
ほんとうは明るい性格なのに、おとなしい性格を演出してしまいました。
書類選考でかなり損したはず。

そんな後悔があるからこそ、わたしは髪について研究熱心なのかもしれません!
美容室は、勉強しに行くところなんです。
いつもよく聞くのは、ヘアセットよりも、ヘアケア。
ヘアケアをすることで、髪はご機嫌になり、言うことを聞いてくれるんです。

髪が鎖骨より下まで伸びている人は、ヘアケアには特に気を付けたほうが良いです。
どれだけ髪をお手入れしているかバレちゃうのです!

でも、ここさえ押さえておけば、大丈夫。

メイクテクニックを上達するのは時間がかかりますが、ヘアケアは今日から簡単にできます。

あとは、毎日同じことを繰り返すだけ。

知っている人から、きれいになります。

魅力的な髪で彼をゲットしちゃいましょう!

 

あなたは損してない?髪の正しいお手入れ方法

 

ブラッシング

お風呂を入る前に、まずはブラッシング。
髪には意外に埃が付着しています。
ブラッシングすることで、埃をとったり、毛先の絡まりをとってシャンプーに負担がなくなります。

 

 

湯洗い
美容師さん曰く、これができていない人が結構多いそうです。
湯洗いをしっかり行うことで、ほとんどの汚れが取れるそうです。
湯シャンだけの人が多いのも納得。
髪を洗うのではなく、洗うのは頭皮だそう。頭皮を洗うと、自動的に髪が洗えます。
水は高いところから、低いところへ流れますよね?
3分以上行うとだいたいまんべんなく洗えているそうですよ。

 

 

手で泡立てる
直接髪にシャンプーをつけている人は多いと思います。
これでは、ムラになるそう。
みなさんは、洗顔フォームで顔を洗うとき、どうやって洗っていますか?
やっぱり手のひらで泡立ててから、なじませてると思います。
それはなぜ?
ムラなくまんべんなく顔を洗うためですよね。
髪も同じなんです。

 

 

頭皮を中心に洗う

頭皮を中心に洗うと、毛先まで自然と洗えています。
水は高いところから、低いところへ。
頭皮近くの方が毛量が多いので、汚れが溜まりやすいです。
また、頭皮から出る脂も除去する必要があるので、やはり、頭皮を中心に洗いましょう。
頭皮をマッサージ
だいたい洗えたな~と思ったら、ついでにマッサージもしちゃいましょう。
頭皮を柔らかくしておくことで、血流がよくなり、健康な髪質になります。
あと、リラックス効果もあります。

 
毛先まで洗う

頭皮が洗えたら、軽く、泡を毛先までなじませます。
これだけで、スタイリング剤もだいたい取れるようです。
たくさんスタイリング剤をつけていたら2回洗っています。
でも、2回も洗わないように、スタイリング剤はたくさんつけないようにしています。

ファンデーションもたくさんつけると、メイクオフは入念にしなければならないですよね。
ヘアクレンジングも同じ考え方です。

 

 

頭皮を中心にシャンプーを流す
いよいよ、お湯で流します!
水は高いところから低いところへ行くので、頭皮を中心に流すだけで、毛先まで流れます。

 

ヘアトリートメント

いよいよヘアトリートメント。
毛先を中心になじませてから、頭の先までなじませます。
粗いコームで、髪をとかす。
髪全体にコームを通すことで、全体にヘアトリートメントがなじむそうです。
手だけでなじませたつもりでも、まだらになっており、ヘアトリートメントはなじんでいないようです。

 

 

ヘアトリートメントをさっと流す
たくさん流さなくても良いそうです。
ただ、頭皮に残らないようにすれば良いそうです。
タオルドライ
しっかりと髪全体にタオルドライをします。
髪どおし、こすらないように気を付けています。
ヘアトリートメントクリームもしくはヘアオイル
ワンプッシュ手に取ってから、手のひらになじませてから、毛先につけます。
頭皮につけるとべた~となるので、毛先だけで大丈夫です。
私は毛先につけた後、手のひらに残ったものを頭皮近くの切れてぴょんぴょん跳ねている毛になじませています。
たくさんつけると、これもべた~とエアリー感がなくなってしまうので、あるかないかの量だけで十分だそうです。

 
ヘアドライ
毛先ではなく、頭皮を狙っていきましょう。
頭皮が乾いてくると、自然と毛先まで暖かい風が流れるので乾いていくそうです。
シャンプーと同じ手順ですね。
あと、ふんわり仕上げたい場合は、髪を持ち上げながら乾かしていくと良いですよ。

 

 

仕上げに毛先にヘアトリートメントもしくはヘアオイル
プラスひと手間。
髪ってほんとうに乾きやすいそうです。
だから、ヘアドライが終わった後も、毛先にワンプッシュなじませます。

 

ブラッシング
毛先にだんごができていたりした経験はありませんか?
あれって、寝ている間に髪のもつれができて、だんごになるそうですよ。
寝る前にブラッシングすることによって、だんごのもつれが防げます。
<プラスひと手間>
翌日巻き髪をする場合は、カールローションをなじませておく
カールローションが乾いていないときにヘアアイロンを使うと髪が痛みます。
寝ている間にドライできて、朝時短でヘアスタイリングができますね。

 

 

<私がつかっている道具>
私は、シャンプーの時に、シャンプーブラシを使っています。
最初は手で頭皮になじませて、そのあとにシャンプーブラシをしています。
ヘアトリートメントをするときも、コームではなく、このシャンプーブラシをコーム代わりに使っています。
シャンプーブラシを、一石二鳥ではなく、一石三鳥、四鳥・・・という使い方をしています。
自宅でヘアパックするときは、ヘアトリートメントの前にヘアパックを髪になじませています。
そして、タオルで髪を包んで、湯船に浸かって、トリートメントを髪の内部まで浸透させています。

タオルは、ボディタオルを使っています。
一石二鳥でしょ。
ヘアパックが終われば、体を洗うときに使えばいいのです。
道具はそんなにいらないはず!

 
どうだったでしょうか?

みなさん、ヘアトリートメントの方に力を入れている人が多いのですが、大事なのは、シャンプー!
どの美容師さんに聞いても、シャンプーはいいものを使ってくださいね、と言われます。
安いシャンプーって、台所の洗剤と成分があまり変わらないらしく、髪への負担がすごいそうです。

だんだん自分にとってなんのシャンプーがいいかわからなくなってきますよね。
わたしは、いつも美容師さんにおすすめのシャンプーを聞いています。そしてもちろん購入してみて確かめてみています。
スタイリング剤をつけていない日は、湯シャンでもいいかな~とも思いますね。

 

 

 

◆ 関連記事
髪をきれいにケアするアイテム5選

第一印象は肌で決まる。お肌のお手入れ5つのポイント!

「いい女」は自分に都合が良い

自分に雑だと周りへも雑な女?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です