愛の勘違い

恋愛がなぜうまくいかないのか考えたことはありますか?

毎回同じような恋愛、同じようなお別れパターン、同じようなけんかの内容。

もう十分っていうくらい経験して、味わいたくないと思っているのに、まったやってしまった・・・

その原因はなんで起きているかわからない。

でも根本にあるのは、自分です。

自分ででうまくいかないシナリオを作っているからです。

 

今、私の目の前に起こっていることは100%自分が思ったことが現実化しているのです!

 

スピリチュアルについてよく勉強されている方なら、それなら知ってるよ〜と思うかもしれません。

 

でも、知っているのに、なんで自分が思っているように現実化しないのでしょうか。

 

それは、根本的なところの問題です。

 

思考にもまだなっていない潜在意識の部分にテコ入れして、思考まで浮き上がらせていかなけばなりません。

 

潜在意識は漢字そのものですが、潜在しているから、気づかない、

言葉としてまだ表現できていない。

 

これを出す!

 

この出すという作業で、

ポジティブではなくネガティブなことを出すとわかります。

 

人間はポジティブな分、同じくらいネガティブなところがあるんです!

 

書き出してみると出てくる出てくる、めっちゃ出てくるんです。

 

しかも、めっちゃインパクトの強い言葉が!

恋愛講座では、恋愛にうまくいかない人のパターンが見えてきます。

 

出し切った後、見てみると、

 

あ〜これがあると

 

そりゃあパートナーシップが上手くいくはずがないよなぁ・・・・

 

という内容でした。

 

でも、これが見えるように文字化されると、なんだか笑えるんですね。

 

本音が見えると、なんだかこんな私って可愛い!

って思ちゃえます。

 

 

話は戻って、どうして、思っていることが現実にならないのか・・・・

 

 

それは、自分の勘違いから思考が起こるからです!

 

 

私たちが0〜6歳の時の親とのコミュニケーションが

今を形成しています。

 

つまり、0〜6歳の時に親と誤ったコミュニケーションをしていると

大きくなった時に愛の不足感を潜在意識に感じているのです。

 

だから、

 

あるのにないって感じちゃう。

 

「ない」がベースにあるんです。

 

長女の方は、次女に親の愛が奪われたと勘違いして生きてきます。

だから、ふせん講座で理想の彼像を100個あげてもらうと、私を好きになってほしい、私に優しくしてほしいなど、「私に~」シリーズが出てきます。

 

だったら

 

「ある」を「あった」に書き換よう!

 

書き換えるのは私得意ですね。

 

それが終わると次にすることは

 

アファメーション!

※肯定的な自分への宣言のこと。

マドンナやミランダカーなどのセレブもやっている!

ディズニー映画のヒロイン、ハワイのモアナも!

 

優しい言葉よりも、インパクトのある言葉にする。

 

 

愛はいつでもどこにでもそこら中に溢れているもの。

だからなくならない!

 

このように、不足の事態に陥らない!ということが

わかると、人間って不安がなくなるのです。

 

何か今不安に感じている人は、自分の中に不足感がまだ残っているから。

 

一度、過去の親子関係について思い出してみると、何かヒントが現れるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です