マインドづくり

マインドづくり

落ち込んだ時に真っ先にする私の5つのルール

こんなこと、正直にみんなには言えないけど、めっちゃ凹むわ・・・・ そんなことが、4、5月と続きました。お気楽な私でも、落ち込むことってあるんですよね・・・ 期待値が高ければ高いほど、どーんと落ち込むんですよ。しかし!今月になって見事回復! いつも明るい私だって、弱弱しくなる時もあるんだなぁと自分の人間らしさを感じ、安心しました笑 どうやって復活したか、5つの行動を紹介したいと思います。 それはこちら 時間が経つのを待つ さらに悪いことを想定する 友達に喋りまくる 友達に会う 同じ手口で起死回生を図る 時間が経過するのを待つ
マインドづくり

恋愛で苦しくなったらすること

色々な方の恋愛の相談を受けると、世の中にはいろんな男性がいるんだな~と目から鱗。私一人の恋愛ではなかなか経験できないようなことを、講座生を介して学んでいます 恋愛下手は女性に限ったことではなく、もちろん男性でも恋愛下手はいる。恋愛下手っていうか、人づきあいが下手な人もいる。 人づきあいが下手なだけなのに、献身的な女性はそんな男性に構ってしまって、結果上手くいかない恋愛に陥ってしまう。
マインドづくり

どうやったら人のことが好きになれますか?

恋愛だけにベクトルがいくと、いっしょにいる相手は苦しくなってきます。 だって、相手のことばかりに目が行ってしまうから。 私はあなたを好きでいるから、あなたも私のことを好きでいないとだめなのよ!とメッセージを送っているようなもの。 イメージしただけでも、重たいですね・・・・
マインドづくり

恋愛するのに年齢制限ってある?

わたしは3カ月で彼をゲットする講座を行っているのですが、結構な頻度でくる質問があります。 それは、「私は他の方より、年齢が高いのですが、参加しても大丈夫ですか?」私の答えは「もちろんです!」※独身の方が限定です。
マインドづくり

理想が高いと言われるのは、○○だから

「彼氏がなかなかできない・・・・」と友達に相談して、言われるのが、 「理想が高いからじゃない?」と言われる人って多いと思うんですよ。 でも、全然理想なんて高くないのにな、というのが本音のはず。
マインドづくり

恋愛難民は恋愛セミナーが必要か?

ファッションもメイクも素敵なのに、彼がいない・・・・・ 自分に問題があるのではないか・・・と心理学やカウンセリング領域に走ってしまう人が多いのも特徴かもしれません。人のこと言えませんが、私も30歳過ぎても、いい男性とは巡り合えずに、自分に問題があるのではないか、自分の親子関係が問題だったのではないか・・・と落ち込み、カウンセリング領域のセミナーにも通った経験があります。今だから私も笑って言えるけど(笑って話してたから知ったのですが)、恋愛に悩んでいる人で私のようにカウンセリング領域のセミナーに行っている女性は多いように感じます
マインドづくり

彼氏ができない不満は自分へのご褒美チャンス

日ごろから自分の考えていることを、アウトプットせずに自分の中でため込んでいませんか? 不満を相手にぶつけるようなおブスな行動に出ていませんか?美人な人は、自分の思っていること、言いにくいこともどうにかこうにかしてアウトプットします。 だから、相手と相違がない。言葉の使い方が下手でもいいんです。 自分の考えていることと、相手が考えていることが一致すればいい!
マインドづくり

美人ほど恋愛下手

私の講座に来てくださる方は、写真ではお見せできませんが、中身も外見も素敵で、紹介したら男性のテンションが変わる。 (出会いを増やしてもらうように、彼ゲット塾では出会いの場はたくさん作っています!)でも、美人だけど恋愛がなかなかうまくいかない。それには必ず理由がある。自分の外見で男性が自分にアプローチしてくるから、中身のことを全然見てくれていないと思い、自分に自信がないと思っているから。 美人な人ほど、自信がない。
マインドづくり

私がなぜ今の夫と結婚したか

モテすぎる男性と全くモテない男性と会う日がありまして。その落差と言ったら・・・・色々考えさせられました。モテる男性といると、とても気持ちがいいです。だから、気分よく時間が過ごせました。その後、一人になっても余韻が残っていて、自然と口角が上がっちゃう。そんな自分をさらにいいな、って思って自分のことを好きになります。相手のことも好きになるし、自分のことも好きになる。結果、いい気持ちになる。
マインドづくり

自分にしか興味がない人はモテない

特許庁で勤めている人との合コンへ行ったことがあるのですが、特許庁って聞くとすごそうじゃないですか。 東大卒の人ばかり集まるっていうし、わくわくして行ったんです。特許庁の裏話聞きたい!何聞こうかな~って。 すると始まってそうそう、僕ってね・・・っていう幼少時代から現在に至るまで、いかに僕ってすごいかを語り始めたんです。