ないなら作ろう♪自信がつく振返り3ステップ

生活習慣
スポンサーリンク

友だち追加

ないなら作ろう♪自信がつく振返り3ステップ

 

一週間どころか、一年があっという間!

何やったか覚えていないし、手ごたえがないし・・・ってなると、時間だけが経過して自分の能力を何も出していないように感じ、とにかく自己嫌悪になります。

 

自己嫌悪になると、自信もなくなります。

 

よくよく考えてみて、何もしていない時間ってないのですよ。

 

何をしたか?ということの確認をするだけで、自分の手ごたえを感じますし、次の週もがんばるぞ~!って思えます。

 

先日の講座で行った振り返りの方法が好評だったので、お伝えしていきますね!

 

スポンサーリンク

step1 できたこと、やれたことを書き出す

手帳を出して見ていきます。

手帳には事実が書かれているので、自分の記憶を辿るのに手助けをしてくれます。

一か月のうち振り返ってみて、できたこと、やれたことを振り返ります。

ここでまじめな人は、こういう風に考えてしまいます。

 

何もできてない。

やろうと思っていたのにできなかった。

 

と。

 

振り返りは自己嫌悪になるために行うものではなく、何をしたか事実確認をして自分で現状の把握をするものです。

 

だから、できなかったところを注目するのではなく、なにをしたのか、できたことに注目しましょう。

これは、考え方の癖にも結び付きます。

 

できたことはなんですか?と聞かれ、ぱっと思いついたことで、まずそこで自分の考え癖を知れますよね。

 

 

step2 思いかがけず起きたこと、良かったことを書き出す

 

その次に、思いかがけず起きたこと、良かったことを書きます。

こう書くと、素敵なことを声かけられた、仕事を手伝えてもらえた、などポジティブなことを想像しますが、何もポジティブなことばかり上げなくてもよいです。

風邪をひいてしまった、家族と喧嘩してしまった、忘れ物をしてしまったなどでもいいんです。

 

事実を書きましょう!

 

 

step3 もう一度やってみるとしたら?を書き出す

 

そして、最後に大切なこと。

もし、もう一度一か月やり直せるとしたら、どういうことをする?ということを考えます。

これが振り返りには大切。

自分がやりたい方向性を意識すると、自動的に行動が伴います。

これをやるのとやらないのとは大きな違い。

振り返りって、時間をとらないとやりません。

毎月同じタイミングで同じ場所などで行うと習慣化しますね。

強制的にするのです!

 

 

という私も、全然振り返りができていません笑

 

この記事を書いたからには、私がまず実践者と体現することになりますね!

 

昨日だけでも、自分の講座、メイク講座、懇親会で盛りだくさん!

 

これが一週間、一か月、一年となると膨大な量です。

何もしなければ、変わらないけど、振り返っていけば一つ一つが手ごたえに変わっていきます。

 

自信がないという相談をよく受けますが、とにかくなんでも書いて記録していくことをお勧めします。

自信がないのは、自分を自分自身で認められていない証拠。

書くことは記録。記録=自分の実績です。

実績は後からついてくるもの。実績が今の自分を作ってくれています。

 

わたしのこのブログも一応記録にはなるのですが、ノートとペンで記録することの方が、圧倒的に良いです。

それは、キーボードで使う筋肉の数と、書くときに使う筋肉の数を比較すると、書くときの筋肉の数の方が多い!

脳にもたくさん刺激が行くんです。

お気に入りのノートとペンがあれば、書きたくなるようになるし、書くことをお勧めします!

 

関連:2019年の手帳はバレットジャーナルにする!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました