年下彼をゲットする方法

3カ月彼ゲットするには
スポンサーリンク

友だち追加

年下彼をゲットする方法

兄弟構成は自分の性格にも影響するし、自分のパートナー選びに影響がある!と持論を持っています。

 

私は年上好きで、今までご縁があった人は年上ばかり。

年上男性って、魅力的なんですよね。

年上の男性は自分の知らない世界を知っているし、いろいろ落ち着いていて、ただそれだけでカッコよく感じてしまう。嬉しいこともさらっと言ってもいやらしさがありません。経験値のせい?

関連:年上の男性との付き合い方
私は年上派ですが、彼ゲット塾の講座生で年下の彼をゲットしていく人も多いです。

最初は「年下なんて子供っぽいから無理」なんて言ってるけど、冷静に自分の年齢を考えてみると、そんなことも言ってられない(笑)と活動し、今では年下の男性もいいよ♪と年下男性の良さを逆に教えてもらっています。(素直、体力がある、自分を若くいさせてくれるなど)

でも冷静に物事を見れるので、年下の彼をゲットするにはこんな人にお勧めだよ~!ということを伝えていきたいと思います。

年下の彼をゲットするのには、いくつかポイントがあります!

 

スポンサーリンク

見た目が実年齢より若い

見た目は超重要です!

年下彼をゲットする女性は、実年齢より見た目が若いです。

ファッション、髪型、メイク、すべてにおいて流行をキャッチしていて時代に流れています。

姿勢の良さ、体形の維持もそれなりの気遣いは必要。

ファッションが上質

ファッションが若くても、見た目が上質なのも特徴です。ブランドロゴがでかでかあるバックを持っているのではなく、お手入れをされているアイテムを持っている。

高い服を着ているのではなく、しわがなく清潔。

若い男性は、上質なファッションの女性に大人の色気を感じます。

 

どっしりと構えている

若いといろいろと気が行きます。年上女性は、そんな男性の姿を見てもうろたえない、感情的にならない、あれ?最近いつ会ったっけ?みたいに余裕があります。

何があっても、他の女の子と会っていたとしても、感情むき出しで責めないで、「へ~」でスルーできるくらいの心の大きさは必要!

同世代にないどっしりと構えた余裕感は、年下男性にはまだ手に入らないので、魅力的に感じます。

 

ポジティブ

会って元気になれる女性は、また会いたい!って思えます。年下の彼だと、まだ会社では新人君でつらいことが多いと思う。

そんな時に、「そんなこともあるよ!」「つぎで挽回すればいいじゃない!」って励ましてくれたり、考え方をポジティブに返してくれると、おお~素敵なお姉さんだな、と思われます。

 

経済力がある

女性が年上の場合のアドバンテージって経済力があることです。

経済力があるから、食べたいものは自分で払える。おいしいレストランは知っている。

経済力があるから、旅行も行くし、夜も遊びに行くし、経験値が多い。

そんな女性をデートにさそう男性の気持ちわかりますか?

がんばらなきゃ!いいところ見せたい!とがんばっちゃうのが男ゴコロ。

自分に合わせてくれてる!とも思ってももらえます。

頑張りたいのが男性。いいところを見せたいのが男性。

男性に食事をおごる必要はないけど、経済力は合った方がよいです。

 

年齢を気にしない

年下の彼が恋愛対象にならない人は、自分の年齢を気にしすぎです。

年齢は、相手が気にするもので、自分は気にする必要は全くなし!

年齢を気にしても、若くならないし、気にしても変わらないものを気にするのは、時間の無駄!

年齢を気にするのなら、髪の艶やスキンケアを気にするべき!

見た目が年齢と思ってよし!

もし、年齢のことをとやかく言ってくる男性がいたら、その人は間違いなく、自分の恋愛対象ではないということです!

これはしないで、注意!

 

年下の彼になったつもりでイメージしてみてください。

自分より年下の男性って何歳くらいでしょうか。間違いなく、社会人経験が浅いと思う。

社会に出たばかりの頃の心境ってどうでしたか?

 

仕事を始めたばかりの頃って、経験が浅いから全てにおいて自信がなかったはず。

 

いい意味で世間知らず。

 

 

実は、これもプライベートでも同じことが起きているんですね。

 

だからこれを恋愛に応用すると、自分のルールを彼とも共有しやすくなる。

 

「世の中の女性って、こう思っているんだよ?」、

「付き合うってこんなものだよ?」、

「結婚するってこういうものだよ?」

 

自分の価値観を彼と共有できる機会があるかもしれません笑

 

 

年下彼をゲットする方法は、女性がリードすること!

 

どんどん好きオーラを出して、年下男性がアプローチしやすいように、女性からリード!

 

「○○しないさい!」「○○したほうがいいよ!」とおかんになるのはだめだけど、「こういうものだよ」と人生の先輩になるのが、年下彼をゲットする近道です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました