【ボヘアミンラプソティ】デートで選ぶ映画のルール

スポンサーリンク

先週末、ボヘアミンラプソティを見に行きました!

 

 

夏ごろ映画館で予告しているので知って以来、ほんとに待ちに待ってやっときたーーーーー!という感じです。

 

本当に楽しみでね、

最高の環境で堪能したかったので、ちょっと奮発してDolby-ATMOSで見てきました。

 

イギリスの伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカルを務め、45歳という若さで亡くなったフレディ・マーキュリーの半生を描く、『ボヘミアン・ラプソディ』が話題沸騰となっています。

メンバーたちの音楽にかける情熱とフレディの知られざる実像に迫った、観る者の心を鷲掴みにする、2018年秋の必見映画です。(cinemarcheより)

 

 

伝説のバンドQueen知らない人いないのではないでしょうか。

 

今聞いても、色褪せないメロディ、歌詞。

 

何度も何度も聞いてしまいます。

 

しびれるぜ。

 

好きな曲を紹介しようと思ったけど、どれも良いので選べません。

 

 

映画でもどうやってこの曲が作り出されたのか、どんなドラマがあったのかというストーリーを知るから余計それぞれの名曲に感情が入ります。

 

 

今見ても、奇抜ですよね。

奇抜だから、時代を感じないんだろうか。

 

 

 

私が生まれた頃には、すでにQueenは大スター!

昭和の私は興奮してしまうのですが、

平成の子なんて感じるのかな~

 

 

 

ミュージックビデオを作ったのもQueenが初めてだったらしいです。

どのビデオも目を引き付けられるので、全然ブログが進みません。

 

 

 

ほぼ、Queenが好きです!の内容で終わりそうな記事になりそうなのですが、デートが成功氏や宇井映画の法則があります。

 

私の経験値ですが。

 

それは、実話のストーリー!

 

はずれが少なく、結構デートには良いかと思います。

 

実話を基にするということは、ドラマがある!っていうことだから。

 

サクセスストーリーでも、ロマンスでも、胸をドキドキさせる瞬間がどこかで仕掛けられているはず。

 

このどきどきと一緒にそのまま食事に行くと盛り上がります。

 

 

今回のボヘアミンラプソティみたいにキャッチーな曲があるのもかなりポイントが高い!

だって、音楽が流れるたびに、その時のデートのことを思い出すから。

 

良くないですか?

 

 

音楽がかかるたびに、自分のことを思い出してもらえるんですよ!自動的に!笑

今、ボヘアミンラプソティは上映されたばかりだし、どれもヒット曲なので、デートに行くなら、早めに行くべし!

 

Queen=わたし

 

と彼の脳にインプットさせると印象に残りますよ。

 

映画が終わって家に帰ってきても、我が家はQueen熱は冷めず、ヒットソングで大合唱。

私も夫もオンチなので、全然しまりませんが笑

 

のせられやすいのか、企業の戦略が上手なのか笑、安室ちゃんの時も、グレーテストショーマンの時も、我が家ではずっと音楽がかかっています。

 

このブログ書いている今も、Queenのメドレーが。

 

2018年も最後に差し掛かってますが、いい思い出ができたな~

もう一回見たい!

 

 

 

次は、あなたの番ですよ!

彼ゲット塾でお待ちしています!

お悩み相談希望の方はこちらがおすすめ!

ブログでお悩みを回答しています!↓

 

 

 

 

★メールレター定期配信!

登録は下記をクリック↓↓↓
メールレター定期配信登録する

お名前に不備があった際は、登録を取り消しさせていただく場合がございます。

 

★無料3日間メールセミナー配信中!

彼ゲットに必要な行動ステップ特典PDFつき

登録は下記をクリック↓↓↓
無料3日間メールセミナー登録する




セミナー・書籍・学びCOLUMN
スポンサーリンク
adminをフォローする
29歳からの彼ゲット塾!

コメント