ワンナイトラブに嫌悪感をもったら

マインドづくり
スポンサーリンク

友だち追加

ほんと何年かぶりに男性と夜を過ごしたのですが、ホルモンのせいか、めっちゃ肌が若返りました!こんなに肌がぴちぴちして驚いています。じゅんちゃんのブログには夜のことは全然書いていないので、書いてほしいです。

 

先日講座に来てくださった方が報告してくださいました。

多分報告してくださるのには、勇気が必要だったと思うけど、赤裸々に心境について報告してくださって、うれしかった~!

 

私もこのブログでは「夜のこと」については、一度も書いたことがありません!

 

みんなが知りたいことだから、書くとウケるんだろうけど、なかなかオープンな環境では話すのは勇気がいるので!爆、そして秘密だからいろいろ妄想できるわけで、知りたい方は講座などにいらしてくださいね!(と言ってごまかす私・・・)

 

 

彼氏が長年いない人は、なんとなくわかります。

 

なぜなら、人との距離感があるし、どこかしら緊張感があるから、なかなか触れることを許してくれなさそう!

 

なかなか彼ができない人は、思い切って、体だけの関係で割り切ってもいい時もあるかもしれません!爆

 

いつもと違うことをするだけで、自分の見える世界が変わります。

 

彼氏がいないことへのコンプレックスで何もしないよりは、何か行動に移す方が、違った道が見えるはず。

 

意外に男性だってナイーブです。

そんなことも知れるのは、いっしょに夜を過ごすから。

 

 

なかなか恋愛がうまくいかない人は、ワンナイトラブに嫌悪感を持ち、経験してしまうと、悲壮感に包まれます。

「捨てられた」なんて思っている人も聞きます。

 

これじゃ、一緒による時間を過ごした人も気持ちが良くありませんよね。

 

もう連絡来ない男性の気持ちもわかります。

 

そんな気持ちが生まれるんだったら、最初っからなにも付き合わない方がお互いにとって良いです。

 

例えるなら、一緒にライブ行って、帰り道でこんなことを言っているのと同じです。

 

「ほんとはライブなんて来たくなかった。ライブの曲も趣味じゃなかったし、疲れるだけだった。でも、また違う時だったら、楽しめるかもしれないから、また誘ってね。」

 

めんどくさっ!

もう二度とさそうかっ!

 

 

なんでも気持ちよく、きれいさっぱり楽しく人生過ごしましょう!

 

モテない女は執着ばかり。

 

だから、重たい。面倒くさい。

 

 

面倒くさい人は誰も相手にしません。

 

 

あといい話だな!と思ったこんなことも報告してくださいました。

 

今回10歳年下の男性と夜を過ごすので、私なんか彼よりずいぶん歳だから、なんて思われるかとても怖かったけど、肌がすごく潤っていて、つるつるでびっくりした!
それ以上きれいになってどうするの?!って言われました!
年齢のことを気にしているのって自分だけなんだな!って実感しました。
お金と時間だけはあったから、全身脱毛していてよかったです(笑)

 

こんなエピソードを聞くと、年齢って関係ないのでは?!と改めて思います。

年齢のせいで、婚活市場で苦労すると感じたら 

 

あとは、いつでも脱げる体を準備しておくのは大切ですよね~笑

 

医療の面から言っても、定期的な夜は大切なんですよ!

以前こちらでも紹介させていただきました!↓

ちつのトリセツ

 

幸せホルモンたくさん出して、幸せな人を寄せつけよう。

幸せな人が集まると、人生楽しいです♪

 

 

決してワンナイトラブを推奨しているわけではなく、人生楽しもうというお話でした!

 

コメント