2019年の手帳はバレットジャーナルにする!

COLUMN
スポンサーリンク

友だち追加

間も無く2019年!ということで、今年のほぼ日手帳も終わるので、バレットジャーナルを始めることにしました。

バレットジャーナルって何?何から始めたらいいの?

バレットジャーナルって何?何から始めたらいいの?【初心者向け解説】
わたしがネットでバレットジャーナルの画像を初めて目にした時は、「何これ?手帳?ノート?日記?スクラップ帳?アイデア帳?」とわけがわかりませんでした。『ほぼ日手帳』が一番近い気がしたので、自分の好きなことを好きなように書き綴っていける手帳なのかな、『ほぼ日手帳』のように『バレットジャーナル』というものがお店に売ってるのか...

バレットジャーナルはインスタでも流行っていて、凝ったのを見ても、こんなの私にはできないかもーと思っていたのですが、基本ルールはありません。

 

バレットは英語でbullet

 

銃弾ともいう意味で、淡々と箇条書きする感じでよいとのこと。

 

時間をかけたい人は、色々絵を描いたらいいけど、私みたいな面倒臭がり屋は、タスク書くだけも良さそうなので、ゆるく続けれそうです。

 

まずは、ロフトへ行ってノート探し。

 

手のひらサイズのシンプルなノートを探しました。

 

ノートだとカバンの中で広がって散らかりそうだったので、同系色のバンドも購入。

 

ただのノートだと何が何だかわからなくなるので、カレンダーシールを買いました。

 

で、こんな感じに仕上がりました↓

ペンはペールカラーが流行っているらしく、私は飽きのこないグレーをチョイス。

 

インスタで気になっていた、ラメのカラーペンも購入。

 

あとは家にあるフリクションの蛍光ペンを使用する予定。

 

で、12月からちょっとデコりました笑

 

家にクリスマス用のマスキングテープを発見!

 

ノート開いたところに、カレンダーシールを貼ってデコるだけ。

 

「らしい」感が出てます笑

 

 

次のページに月間スケジュールとやることLIST

 

月間はマスキングテープを買いました。

 

めちゃ便利!

 

ノートは気分が上がるノートでないと続きません。

 

色々枠があったり決まったりしていると、気分屋の私は続かない。

たくさん書く月も、書かない月もあっても良いのでは。

でも、自分で作って完成形に持っていくバレットジャーナルは愛着が湧いて結局凝ることになりそうです。

 

 

なんだかんだで、トータル4000円くらいかかったかも笑

 

手帳買った方が安く上がるかもですが、まだ初心者なので・・・

一番は手に取って気分の上がるノートを探していたので、探し求めてもなかったので自分で作るしかない。

 

彼ゲットのマインドと似ていると思うのはわたしだけ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました