【グリーンブック】映画館で譲り合うお互いの文化

お出かけ
スポンサーリンク

友だち追加

前々から楽しみにしていたグリーンブックを見に行きました!

 

 

解説

人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。トニー役に「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化した。監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。

映画.com引用

映画.com引用

 

もちろん、この映画も夫と見に行ったけども、結論から言うとデートにOK!

アリーを見に行ったときに予告を見て、これ見たい!って二人で意見があったので、公開してすぐ行きましたとも。

しかもアカデミー賞受賞した後に!

平日のレイトショーだったからか、けっこうガラガラで見れました。

ボヘアミンラプソティはコアなファンが多いので、いついっても人は多かったけど。

 

グリーンブックはがさつなイタリア人と洗練された黒人の掛け合いがいちばんのみどころかも。

 

私が好きなシーンは、フライドチキンを食べるシーンなんだけれども。

 

ネタばれになるから言えないけど、お互いの文化の壁を超えるシーンは感動ものです!

 

 

黒人差別がひどい時に、よく中部までツアーで行ったよ。

でも、演出がコミカルで、そこまで落ち込むような場面もなく、最後はハッピーエンドで私の好きな終わり方。

 

映画デートのルールは、最後はハッピーエンドが鉄則です!

 

ハッピーエンドは話題作を選ぶと間違いなし!

 

今回の映画館デートで私と夫のカルチャーショックを思い出しました。

 

わたしは、映画は映画に集中するもの!と小さいころからしつけされ、映画が始まったら一切話さない。

途中でトイレに行くのは嫌だから、飲み物は持ち込まない、食べないで育ちました。

 

それが、夫の場合は、ポップコーンは必須、コーラとワインは必ず買う。

最初めちゃめちゃびっくりして、彼に従いました。

映画が始まっても、重要シーンでも普通にしゃべりかけてくるし、笑うときなんて本気で爆笑してて、自分とは全然違う人だなーと驚きました。

 

2回目の映画館デートで、おおひら家の映画館マナー事情を説明したけど、「俺の楽しみを奪う気か!映画館と言えばポップコーンとコーラなの!」と押され、今では、夫の風習に従うことに。

 

今では、そんなにポップコーンが楽しみだったら、いくらでも買ってやるよ!さえ思うようになりました。

 

 

映画の思い出は、二人の思い出です。

付き合いが長くなるから相手のことがわかるようになる。

自分のルールを押し付けるより、歩み寄ることで関係性が深まるなぁと感じます。

 

映画を何度も一緒に行くと、いろいろ話題も広がるの。

グレーテストショーマンの時も、ボヘアミンラプソティの時も我が家ではずっと音楽がかかっています。アリースター誕生も!

 

次は何見ようかな!

 

最近見る映画が当たり続きです。

 

コメント