男性が結婚したい女性の最近の傾向

仕事
スポンサーリンク

友だち追加

男性が結婚したい女性最近の傾向

結婚シリーズ、続いています。

結婚適齢期になると、結婚したい~!と思う独身女性は多いです。

結婚は女の幸せと言われたのは、昔だけど、結婚は絶対するべき!という風潮は最近は薄れてきているように感じます。(地方はどうなんだろう)

結婚したい人は自分が家庭を持つとき、どんな男性とだったら上手くいくか考えたことってありますか?

 

恋愛と家庭を持つことって必要な要素は一緒のところもあるし、全然違うところもあります。

違うところで言うと、恋愛は嫌になればすぐ別れれるけど、結婚は一人ではどうしようもできなくて、いっしょに作り上げるもの。

いっしょに作り上げることに対して非協力的な人は家庭向きではないので、自分が恋愛をしたいのか、家庭を築きたいかで要件は違ってくるんですね。

 

私にとって、家庭で必要なことは、最低限の家事力と、人を思いやる心です。

では、男性が女性が求めるものについて解説していきます~!

 

スポンサーリンク

自立している

このご時世、流れが速すぎます。

ストレスも多く心身ともに疲れている人は多い。

自分を癒してくれる人が横にいてくれたら…

こんな風に相手に思わせることができた人が生涯の伴侶になる可能性が高くなります。

昔だったら、文句を言わず、家事をして家を守るのが良妻賢母だと言われていましたが、最近だと要件がもっと厳しくなりました。

「何事においても自立している人」

不安定な社会だから、男性も守りも攻めもできる確実な女性を求めています。

 

経済的

経済的な自立は、いっしょに生活をする上で大事!

お金持ちと結婚できれば一生安定というわけではありません。

今はお金持ちであっても、将来どうなるかわからない。

夫婦ともに路頭に迷う可能性だってあるのです。

そんな時に、お互い経済的に自立していれば、悩みの種は解消されるかもしれない。

経済的に自立していると、万が一どっちかに何かがあれば、片方が支える…リスクヘッジができているので、最悪に自体は免れそう。

女性が働いていると、男性もいざという時に女性に頼れるので、結婚する相手は男女ともに仕事を持っていることは必須。

女性がある程度稼ぎがあると、男性にとってポイントは高く、ちゃんとしている人とみなされ、結婚相手として認知されやすいのではないかな~

女性が自分より稼ぐのが嫌だ、そんなことを豪語している男性は時代遅れかも。

それに仕事があり稼いでいる人は、社会的ステータスも高く、それなりに人と接することも多い。

人としての器も大きいのでいろんな角度から尊敬できます。

精神的

経済的に引き続き、精神的に自立してる女性こそ、今のご時世に必要!

「社畜」という言葉が普通になるくらい自分を犠牲にしてまで会社に尽くす人も多い。

責任感が強く、身を粉にして働いちゃう。

結果、病んでしまう・・・・

 

そんな時に精神的に自立している女性がいると、男性的には助かるんですよ~

彼の世界の当たり前に難なくメスを入れてくれる女性。

 

そんな女性は彼の中でしっかりしている女性として認知されます。

 

自分が弱った時に頼れる存在って欲しくない?

 

男性だって然り。

 

自分が弱った時こそ、確固とした考えを持っている人に頼りたい。

 

男性だって頼りたい。

頼れるのは自分の話ばかりする女性ではなく、話を聞いてくれる女性。

否定せず、聞いてくれる女性。

でも時には、自分に新しい考えをもたらせてくれる女性。

…そんな女性いるかいな?!と思うかもしれません。

あなたがなるんですよーーーーー!

 

まとめ

 

相手に依存することなく、自立した人は幸せをつかみやすいです。

なぜなら、自分の人生にコミットしているから。

相手に合わせる必要がないし、すべての言動が自分の責任。

自分の生き方に責任があると、しっかり見えて自分らしさが出ます。

 

だから、精神面を鍛えるのはとっても大事!

男性が結婚しようと思う時は、基本弱っている時なんですね。

関連:男性が結婚しようと思う時

精神面を鍛えた結果が出てくるのは、意識してから人それぞれですが、だいたい時間がかかる。

精神面が磨かれる間は、外見づくりがオススメです~!

関連:出会いの紹介がない理由は、見た目の魅力のなさ

コメント

タイトルとURLをコピーしました