理想の彼リスト100の作り方がわからない時に確認する手順

理想の彼リスト100
スポンサーリンク

友だち追加

理想の彼リスト100の作り方がわからない時に確認する手順

 

「これで合ってますかね?」

 

個別コンサルや講座では彼リスト100をあらかじめ作ってきてくれる人は、内容を見ています。

 

みんながつまずきがちなところもしっかり押さえてお答えしていきますね!

 

スポンサーリンク

最初に始めること

最初が一番大事!

わたしは形から入ることはとても重要だと考えます。

気分の上がるペン、ノートを用意します。

 

環境は自分がリラックスして自分らしくいられる環境で始めます。

 

リラックスして集中できるところが良いですね。

 

お気に入りのカフェや勉強室などでも良いです!

リラックして集中できるなら、うるさいところでもOKです。

 

 

わたしの場合は自宅で、2人用の小さなダイニングテーブルに一輪のお花を置き、自分をもてなすような環境を作りました。

(こういうちょっとした自分を盛り上げることが大事!)

 

お風呂に入って、リラックスしてお酒を飲みながら取り組みました。

私はお酒は弱いですが、お酒の力を借りました笑。

 

アルコールを少しでも飛ばすため、シナモンを入れたホットワインをお供にリスト作成をしました。

 

自分の世界に浸りたいので、携帯に連絡が来ても基本スルー

 

無制限に自分の時間を使って、思いつくままにリストを作っていきます。

 

 

見直&リライト

リストは作りっぱなしが一番もったいない。

 

作った後は、作りっぱなしにせず、一度リストを見直してみます。

難しい言葉を使ってないか?
意味が分かる言葉か?
抽象的になっていないか?

シンプルな言葉で書いているかチェック。

ネガティブな言葉が多い人は、ポジティブな言葉に書き換えます。

でもネガティブな言葉はとても大事なので、どこかに置いておいて。

 

ネガティブは自分の本音でもあります。

 

 一週間後に見直し

書き上げたら、一週間後に見直しです。

 

盛り上がったとき時と、冷静になっている時って考える事が違います。

 

見直してみて、なんでこういうこと書いたっけ?
なんでわたしにとって大事なのかな?
ということを考えます。

必要ないものは書き換えたり、リストから外していきます。

必要なものは足していきます。

 

一ヶ月後に振り返り

彼リストができても、出会う人に対してピンとこないかもしれません。

そんな場合は、一ヶ月の振り返りをしていくのが効果的です。

 

この一ヶ月、どう過ごしたか、振り返ります。

意外に出会いの場に行ってなくて、出会いが全くないなんて結構聞きます。

家と職場の往復だけだったら、出会いは職場だけ。

職場以外に出掛ければ、それだけ出会いの範囲は広がります。

 

あと出会い=新しい出会いを連想する人もいますが、これまで出会った方と再会するのも全然ありです!

 

出会いに対して勝手にハードルを上げず、自分に都合よく出会いをカウントしていくのが出会いを広げるコツです。

 

例えば今日すれ違った人だって出会いにカウントしていくのもありです。

 

出会いがそこらじゅうに転がっていることに気づくはずです。

 

 

 おまけ

彼リストは友達に見てもらうのが一番!

なぜなら客観的な意見が聞けるから。

抽象的な内容だと、「これってどういう意味?」と聞かれるので、自分のことを知る機会にもなるし、知ってもらえる絶好のチャンス!

 

人はイメージできることは自然と行動に移します。

 

友達がイメージできたら、運良ければ紹介してもらえるし、自分自身の理解が深まれば一石二鳥です!

 

 

彼リストを作るのは全然難しくないです。

是非次の週末に取り組んで来てくださいね。

 

関連:彼リストを100もあげるのはなぜ

コメント

タイトルとURLをコピーしました